~発達障がいのわが子と進む道は一人では見つけられませんでした~

 

このカウンセリングルーム一歩を開設した時…

わが子との向き合い方に悩み、涙を流し、途方に暮れたこともありました。

 

でも、そんなときでも無邪気に笑うわが子。

 

この子の笑顔をずっと見ていたい。

まわりと比べなくてもいい。

焦らず自分のペースで一歩ずつ歩んでほしい。

一歩ずつゆっくりと進んでほしい。

 

そんな想いから「一歩」とつけました。

 

 

私にできること。

それはほんとうに小さなことかもしれません。

 

それでも、あなたに寄り添いたい。

あなたの味方になりたい。

 

そんな存在であり続けたいのです。

 

Top

© 2020 カウンセリングルーム 一歩